〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-2-6 赤坂パインマンション2F-5A【けやき通り沿い】

 地下鉄・赤坂駅2番出口より徒歩7分/警固町バス停徒歩1分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

092-771-8817

上位交差症候群

近年増加の「上位交差症候群」

 

 近年、スマートフォン使用時の不良姿勢やパソコン作業時の不良姿勢などにより頭が前に突き出る不良姿勢の人(クレーンネック・フォワードヘッドポスチャー)が爆発的に増えてきました。

それに伴い、上位交差症候群・ストレートネックといった頭部・頚部を中心とした体の不調を訴える人も増えてきており、社会的な問題となっています。

今回は、その事について深掘りしていきたいと思います。

上位交差症候群とは

クレーンネック

 上位交差症候群(じょういこうさしょうこうぐん)とは、患者の姿勢によって「緊張して短縮しやすい筋肉グループ」と、「伸ばされて筋力低下しやすい筋肉グループ」が、X字にクロスした状態で存在し、筋肉バランスの機能障害が起こることされるとチェコのブラディミア・ヤンダ(Vladimir Janda)によって発表されたものです。

 

上位交差症候群で起こる症状

頭痛・頭位性めまい・首こり・肩こり・耳鳴り・難聴・眼精疲労・ドライアイ・くいしばり・顎関節症・浅い呼吸・口呼吸・自律神経失調症・イライラ・集中力の欠如など

 

上位交差症候群の本当の原因

上位交差により頭部の前方偏位が起こる

 上位交差症候群は、主に座っていることが多いデスクワーカーや学生、また立った状態で下を向いて作業する職業に従事している方によく見られます。

 上位交差の状態を計る指標として「耳の位置」と「肩の位置」がありますので、上半身に原因がありそうですが、実際には背骨の土台部分である「骨盤」が後方へ傾く事によって生じています。

骨盤が後方へ傾くことで、背中が丸くなり、バランスを取る為に頭が前方へ行かざるを得ない状況になっているのです。

そこから、前方へ偏位した頭部を支える筋肉が疲労を起こし、回復しない状態が続いているのも原因の一つです。

 筋肉の回復には、筋肉の材料である「タンパク質」が必須なのですが、例えばコンビニ弁当やファストフード・ラーメンやパスタといった麺類では、糖質が主体でタンパク質やビタミン・ミネラルが不足しやすい傾向があります。

そのような背景も重なり「栄養状態」の影響も指摘されます。

また上位交差症候群・クレーンネックと呼ばれる頭部前方偏位は、動物性のタンパク質を摂取しないベジタリアンやビーガンの方にも多く見られます。

 

上位交差症候群の治し方

アーユルチェアがオススメ

 上位交差症候群になる本当の原因を述べたところで、実際にその治し方なのですが、原因が「骨盤が後方に倒れている事」であれば骨盤を前方へ向ければ良いのです。

ただ、上位交差症候群になっている方の骨盤は、前方に傾かない状態になっている状態がほとんどです。

それは、骨盤を後傾させる働きのある臀筋群の短縮や弱化によって骨盤の動きが硬くなっている為です。

ですので、上位交差症候群の根本的な治療では、この臀筋に対して指圧・マッサージ・はり治療で筋肉の柔軟性を取り戻す施術から始めています。

そして、臀筋に柔軟性が戻ったところで、自分自身で「骨盤」の動きを自由にコントロールできるようになることが必要です。

 

 私が骨盤の働きを患者様に説明する際には、車のギアを例にしてお伝えしています。

それは、車のギアには「ドライブのギア」「ニュートラル」「バックギア」もあるように、人間の骨盤も「前傾」「ニュートラル」もそして「後傾」の動きも必要なのです。

良い姿勢を保つことよりも、それぞれの場面で使い分けられる「柔軟性」を持つことが非常に重要になっていきます。

 上位交差症候群によって引き起こされる症状は、自分自身のカラダの使い方や意識で変わっていきますが、まず凝り固まった筋肉を緩めたりするには、原因となっている筋肉に直接アプローチ(鍼やマッサージ)できる他人の手を借りていくのも必要だと思います。

また先ほども書きましたが、タンパク質不足も影響していますので、普段の生活で「タンパク質」の摂取を増やすことが重要です。

最後に

姿勢の改善例

 私が考える「上位交差症候群が治る為に必要な条件」をまとめてお伝えします。

 

・骨盤が後方に固まった状態から柔軟性を取り戻し、骨盤の機能を高めること

・タンパク質を摂取し筋肉の修復に努め、強い筋肉を作ること

・「アーユルチェア*」などを利用し、骨盤が後ろに倒れない「環境」を作ること

 

以上機能」「栄養」「環境」この3点を整える事です。

 

頭痛・頭位性めまい・首こり・肩こり・耳鳴り・難聴・眼精疲労・ドライアイ・くいしばり・顎関節症・浅い呼吸・口呼吸・自律神経失調症・イライラ・集中力の欠如などといった症状の背景には、「上位交差症候群」が存在しているかもしれません。

 

「上位交差症候群」に付随して起こる症状の治療は、福岡市中央区赤坂のリタ赤坂鍼灸マッサージ整骨院にお任せください!

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
092-771-8817
診療時間
【月・火・木・金】9:00〜19:00
【土曜・日曜・祝日】9:00~17:00 
※最終受付は診療時間の1時間前
完全予約制・完全個室対応
訪問施術対応
定休日
水曜・祝日・隔週日曜・その他臨時休診あり

初回お試し治療

毎月先着10名

 当院では、数ある治療院の中から本当に価値がある治療院を選ぶきっかけになるよう、「初回体験価格」で治療を受けていただいております。
 対象者は、継続して治療を受ける意思がある方のみです。予約枠の兼ね合いから、毎月先着10名までとさせていただいております。

092-771-8817

女性専用コース

エステ・フェイシャル
&more

 ヨーロッパ出身の女性セラピスト
吉村ミレラによる女性の為のコースです。
「リラックス」や「美容」を目的としたマッサージの本場ヨーロッパのトリートメントをぜひご体感ください。

092-771-8817

交通事故治療について

ムチウチ治療

 当院では、交通事故によるムチウチ治療(自賠責保険対応)にも力を入れております。
ムチウチ症状には、トリガーポイント鍼治療が特に有効です。
また患者様が治療に集中できるよう「交通事故専門の弁護士」とも提携し、患者様をフルサポートしております。治療は、早めのスタートが肝心!

092-771-8817

リタ赤坂鍼灸マッサージ整骨院

住所

〒810-0042 
福岡県福岡市中央区赤坂1-2-6
赤坂パインマンション2F-5A

アクセス

【福岡市営地下鉄空港線】
赤坂駅徒歩7分・天神駅徒歩15分

【西鉄バス】
警固町バス停徒歩1分/赤坂門バス停徒歩7分


【駐車場】
近隣コインパーキングあり

診療時間

【月〜金】9:00~19:00
【土・日
】9:00~17:00
※最終受付は診療時間の1時間前
※完全予約制

定休日

水曜日・隔週日曜日・祝日
夏季休暇・年末年始・その他

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談・ご予約

092-771-8817

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。